【特別コラム】土地活用コラム

戸建賃貸

15坪ほどの土地でも活用可能な戸建賃貸。多くの会社が参入をしてきているジャンルです。賃貸入居者へのアンケートによれば、約8割の入居者が戸建てを望んでいるにも関わらず、市場に出回っている賃貸物件のうち約2~3%ぐらいしか市場には供給されていないというアンケート結果があります。

多くの会社が2棟セットの契約で1棟あたり800万円ぐらいから建築可能としており、節税対策にもなりますし、将来相続が起こったときに2人のお子さんにそれぞれを分けたり、1棟を売却して納税資金に使えたりと出口戦略からみても優れています。持家感覚のため入居も長期になる傾向があり、管理の手間も集合住宅ほどかからないこともメリットです。

デメリットとしては、メリットの裏返しですが持家感覚のため、無断で棚を造作したり、入居途中で勝手にペットを飼い始めたりするケースも多いです。また退去時の修繕費用も、クロスなり床の面積が広いために、アパート・マンションのような一般の賃貸住宅よりも高額になる傾向があります。また聞いた話ですが、戸建ての入居者から庭の植栽の手入れをするように依頼(命令!?)されたというようなケースもあり、もしこれから戸建賃貸を建築する、あるいは既存の戸建てを賃貸に回す際には、契約書に「庭やエントランスの植栽に関しては入居者が、全て管理しその費用を負担すること」なる旨の記載をしておいたほうがいいと思います。

管理に関しては、あまり手間が掛からないといっても、急な水漏れや設備の不具合で対応せざる負えない時もあり、管理会社に任せることも可能です。その場合の管理料目安は物件規模に関わらず一律5000円/月~という感じになっています。今後、人口減の影響が更により大きく出てくると思いますが、その中で戸建賃貸は1つの有効な選択肢と言えると思います。

●戸建賃貸を取り扱う会社
ハイアス・アンド・カンパニー株式会社
【ユニキューブ】
http://www.unicube.biz/

株式会社桧家ランデックス
【プライムアセット】
http://www.primeasset.jp/

次のコラム:洗車場経営

前のコラム:ペット専用シャワールーム

【空室対策コラム】契約形態について
今までのコラムでは金銭面の条件次第で物件案内の優先順位が変わってくるという話をしました。次は契約面から見ていきましょう。まずは基本的な入居者募集におけ・・・
【不動産購入記】第九話:雪の中、板橋区の物件へ
また同じようにポータルサイトと物件資料を色々と眺めながら、次は板橋区の物件見学へ。しかし、この日は朝から雪が降っており、積もる勢いでガンガン降り続い・・・
メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]