【特別コラム】土地活用コラム

サーファー用賃貸物件

その名の通りサーフィンをしている人向けの賃貸物件。物件や部屋へのエントランスがボードを持ったままでも入れるように天井高が結構取られ、部屋の中にサーフボードを掛けるフックが備えられていたり、外にボードが置けるボードロッカーがあったりすることが特徴です。また、サーフィンから帰ってきた人が使うために、屋外シャワーが備え付けられていたり、外からそのままの格好でお風呂場にいけるような間取りになっていたりします。

神奈川県の湘南や藤沢、千葉県の一ノ宮や東浪見ではそういう物件が建設されており、家賃・入居率ともに高い水準となっています。私もよくチェックしている東京R不動産の姉妹サイト:房総R不動産ではそういった物件をサイト上で紹介していますので、見てみると雰囲気が分かります。

対象エリアについては、やはり立地が一番のポイントです。通常の賃貸物件であれば最も重要な勘案項目である【最寄り駅からの距離・徒歩分数】については、この種類の物件の場合はあまり関係ありません。海が各戸から見えれば一番グッドですが、あまりに海に近いと塩害がひどくなります。海から徒歩30分以内であれば、検討してみてはいかがでしょうか。屋外のボードラックであれば後付けができますし、屋外シャワーも費用は掛かりますが実現可能です。ボードロッカーは入居者も含めて、入居者以外の人に貸しても良いと思います。ちなみにサーフィンショップでの相場価格帯は月3000円~5000円ぐらいですので、それぐらいの価格であれば立地次第で借り手は見つかると思います。しかしボードロッカーが物件の奥まったところにあると、入居者からすると見知らぬ人が出入りしてセキュリティ上不安を感じる方もいると思いますので、入居者以外の人に貸し出すときはよく検討してください。

次のコラム:バイカーズ賃貸物件

前のコラム:この土地活用コラムについて

【空室対策コラム】契約形態について
今までのコラムでは金銭面の条件次第で物件案内の優先順位が変わってくるという話をしました。次は契約面から見ていきましょう。まずは基本的な入居者募集におけ・・・
【不動産購入記】第九話:雪の中、板橋区の物件へ
また同じようにポータルサイトと物件資料を色々と眺めながら、次は板橋区の物件見学へ。しかし、この日は朝から雪が降っており、積もる勢いでガンガン降り続い・・・
メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]