1. トップページ
  2. 【特別コラム】土地活用コラム
  3. コンテナボックス・レンタルボックス

【特別コラム】土地活用コラム

コンテナボックス・レンタルボックス

前回のコラム:バイクボックス・バイクコンテナはバイクを入れる専用のボックスでしたが、コンテナボックス・レンタルボックスは用途を制限しない、いわゆる何でも置くことができる屋外専用の倉庫です。

コンテナ自体も様々な大きさのものが揃っているので5坪ぐらいからでも有効活用することが可能です。コンテナは購入してしまうやり方もありますし、土地をコンテナ会社に借りてもらってコンテナ会社が土地活用を行い、地代をもらうというやり方もあります。

初期費用はコンテナを購入する場合は100万円ぐらいから可能なので一般のアパート・マンションの建設よりは、かなり投資額を抑えられることがメリットです。運営に関してですが、入居者にカギを渡し、24時間出し入れ自由です。基本的には賃貸住宅にありがちな水のトラブルや設備の故障などのほぼ皆無なので、ある程度手離れは良いでしょう。

ただ、コンテナ内の温度や湿度は一定に保つ設備は備わっていないケースが大半で、入れるモノによっては傷んでしまう恐れがあること、また景観上も良くないため近隣住民からのクレームなどの問題も起こっています。コンテナの中に照明も無かったりするので、本当にただの物置という感じです。ただ、賃貸住宅の設備のように、陳腐化することがなく流行もないので、初期費用と同様、運営後の追加投資も比較的少ない活用方法であることはメリットだと思います。

また、よく混同されて使われる言葉でレンタルスペース・トランクルームという言葉がありますが、こちらは屋外ではなく、屋内にスペースを設け、空調も一定に管理した上で収納スペースとして貸し出します。見た目は賃貸住宅などの建物と変わらないためクレームもありません。出し入れに関しても24時間としているところもあれば時間制限を設けているレンタルスペース・トランクルームもあります。今後はレンタルスペースの方が主流になっていくのではないかと思います。

次のコラム:ペット専用シャワールーム

前のコラム:バイクボックス・バイクコンテナ

【空室対策コラム】契約形態について
今までのコラムでは金銭面の条件次第で物件案内の優先順位が変わってくるという話をしました。次は契約面から見ていきましょう。まずは基本的な入居者募集におけ・・・
【不動産購入記】第九話:雪の中、板橋区の物件へ
また同じようにポータルサイトと物件資料を色々と眺めながら、次は板橋区の物件見学へ。しかし、この日は朝から雪が降っており、積もる勢いでガンガン降り続い・・・
メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]