【特別コラム】土地活用コラム

テーマパークマンション

テレビや新聞などで手掛けた物件が大きく取り上げられ知名度も上がってきているテーマパークマンション。【10人中9人に嫌われる部屋】を統一コンセプトに、株式会社明来という大阪の管理会社が手掛けています。コンセプトを逆に言うと、10人中1人が気に入ってくれる部屋を作るということで、そのコンセプトの設定や追求っぷりは相当です。

一例を上げると

●岸部四郎の夜逃げ部屋
●楳図かずおの紅白の部屋
●夏目ナナの官能の部屋
●AKB48のファンタジーのお部屋
 etc…

以上は全てリフォーム物件ですが、写真を見るとその内容が小手先のものではなく、実際にそれぞれの著名人とタイアップしてリフォームした完成度の高い物件であることが分かります。

岸部四郎さんの物件で言えば、「昭和の借金王」というコンセプトの元、隠し部屋を作ったり、借金の取り立てから逃れるために、入浴中でも屋上に逃げられたりと遊び心が満載です。楳図かずおさんの部屋は言うまでもなく、紅白で彩られた装飾になっています。

他にも、遊郭をテーマに吉原が炎上する様を再現した部屋や、壁に恐竜の化石が埋め込まれた紀元前をテーマにした部屋、風水や神社の要素を取り入れ、高濃度の酸素が出るベッドを導入したアンチエイジング部屋なども新たに開発しているようです。

一方では新築物件も手掛けていて、リフォーム物件のような有名人とのタイアップではないですが、どの物件もかなり個性的な仕上がりで、周辺賃料の1.5倍ぐらいの賃料でも成約が見込めています。

ここまで物件を、リフォーム・新築するとどのぐらいの費用が掛かるのか、本当にケースバイケースだと思いますし、オーナー自身の理解が得られないと到底ムリな企画ですが、賃貸物件に対する考え方【万人受けしない10人中9人に嫌われる部屋】というポイントは見習うべきところだと思います。

株式会社明来 テーマパークマンション
http://www.aki-club.co.jp/designers_apartments/index.html

次のコラム:広告用看板&携帯電話のアンテナ基地局

前のコラム:防犯配慮型賃貸物件

【空室対策コラム】契約形態について
今までのコラムでは金銭面の条件次第で物件案内の優先順位が変わってくるという話をしました。次は契約面から見ていきましょう。まずは基本的な入居者募集におけ・・・
【不動産購入記】第九話:雪の中、板橋区の物件へ
また同じようにポータルサイトと物件資料を色々と眺めながら、次は板橋区の物件見学へ。しかし、この日は朝から雪が降っており、積もる勢いでガンガン降り続い・・・
メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]