1. トップページ
  2. 空室対策コラム
  3. 芳香剤の設置&室内にポップを貼る

空室対策コラム(内見から成約に至る工夫がない)

芳香剤の設置&室内にポップを貼る

【芳香剤の設置】
前回のコラム:定期的に水を流すことで臭いを防ぐでは悪臭を出さないようにするというやり方でしたが、今回は匂いに関する空室対策です。

玄関やトイレ、室内、リビングなどに芳香剤を設置することで、物件に来た内見者に匂いでアピールします。ヒトの五感に関する研究によると、嗅覚は視覚や味覚よりも記憶に残りやすく、鮮明に覚えていたり思い起こされたりするという研究結果があります。匂いでアピールすることで、物件の記憶が内見者の頭の中に残るようにするという訳です。

匂いの種類に関しては、女性向けであれば、バラやジャスミンといったフローラル系やバニラ系、男性向けであれば、レモンやライムの香りであるシトラス系の香りが良いと思います。匂いについては、好き嫌いの個人差もけっこうあるので度を越した強い匂いは止めておくほうが良いです。

【室内にポップを貼る】
ポップ(POP)とは何かご存知ですか?

書店やCDショップ、スーパーやドラッグストアで、よく商品に貼り付けてある手書きで書かれた広告のことです。ヴィレッジヴァンガードやドンキホーテに行くといたる所に貼ってありますよね。あそこまでガンガンに広告色を出さなくても良いのですが、ポイントとなるところにポップを貼り付けておくと、それが不動産会社の営業マンの代役を担ってくれるため大変効果的です。営業マンもスーパーマンではありませんから、全物件のウリを全て理解しているというわけではなく、説明不足なところがあったりしますし、最近入ってきた新人さんの場合は上手く説明できない場合もあります。

ポップはインターネットへの物件広告やマイソク(募集案内図面)でポイントして上げたところには必ず貼り付けておきましょう。ネットへの広告→マイソク→物件本体とアピールするポイントには一貫性を持たせることが非常に重要です。ポイントを押さえた上で、他にアピールができるところ(長所)であれば、うるさくならない程度に貼り付けていきます。

また、アピールできないところ(短所)にも敢えてポップを貼ることも効果的です。例えば、畳の部屋があるのであれば、「冬は暖かく夏は涼しいので快適!ホコリが目立ちにくいので面倒くさがり屋の方でも大丈夫」といったポイントをアピールしましょう。

また、光が入らない暗めの部屋であれば、「疲れた週末も太陽に邪魔されずにぐっすり眠れます」という具合です。とにかく「長所は伸ばす、短所は逆手にとって長所にする」ことを意識してください。今後、ポップの無料ダウンロードも行う予定ですので良ければご活用ください。

次のコラム:物件の周辺マップを置く

前のコラム:定期的に水を流すことで臭いを防ぐ

【不動産購入記】第九話:雪の中、板橋区の物件へ
また同じようにポータルサイトと物件資料を色々と眺めながら、次は板橋区の物件見学へ。しかし、この日は朝から雪が降っており、積もる勢いでガンガン降り続い・・・
【土地活用コラム】サーファー用賃貸物件
その名の通りサーフィンをしている人向けの賃貸物件。物件や部屋へのエントランスがボードを持ったままでも入れるように天井高が結構取られ、部屋の中にサーフ・・・
メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]