1. トップページ
  2. 空室対策コラム
  3. ポータルサイトへの物件広告について

空室対策コラム(見込客に対して物件の魅力が伝わっていない)

ポータルサイトへの物件広告について

今では多くの入居者がインターネットを使って物件の情報を収集しています。間取りと家賃の相場を調べ、グーグルマップで周辺施設についても把握し、ピンポイントで物件の問い合わせをする傾向が強くなってきています。

今後、インターネット(不動産ポータルサイト)の重要性は益々高まることはあっても、低くなることは恐らく無いと推測されます。今回からポータルサイトへの物件広告の重要性について数回に分けてお話します。

まず、自分の物件が不動産ポータルサイトにどのように登録・紹介されているか確認したことのあるオーナーはどのぐらいいるのでしょうか?

恐らくほとんどのオーナーが確認したことはないのではないでしょうか。見込客との最初の接点となるインターネットは非常に重要ですので、一度確認することを強くお勧めします。掲載しているポータルサイトについては、不動産会社に問い合わせれば教えてもらえると思いますし、物件を探すエンドユーザーの目線で自分の所有物件を一度検索してみてはいかがでしょうか。

中には、不動産会社が掲載しますと言っていたとしても、後回しになっていたりして実際は、掲載することを忘れられていたり、掲載されていたとしても内容や条件が本来の正しい情報とは異なっていたりする場合があります。結構間違いも多いのできちんと自分の目で確認することが重要です。次のコラムで更に突っ込んでお話します。

次のコラム:物件広告の情報量や質についても確認すべし

前のコラム:会社の生立ちから見る仲介・管理の取り組み方2

【不動産購入記】第九話:雪の中、板橋区の物件へ
また同じようにポータルサイトと物件資料を色々と眺めながら、次は板橋区の物件見学へ。しかし、この日は朝から雪が降っており、積もる勢いでガンガン降り続い・・・
【土地活用コラム】サーファー用賃貸物件
その名の通りサーフィンをしている人向けの賃貸物件。物件や部屋へのエントランスがボードを持ったままでも入れるように天井高が結構取られ、部屋の中にサーフ・・・
メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]