1. トップページ
  2. 空室対策コラム
  3. 扱う物件の種類によって優先順位が異なる!?

空室対策コラム(見込客・他の不動産会社に情報が回っていない)

扱う物件の種類によって優先順位が異なる!?

今回は、不動産会社が扱う物件の種類に関して説明します。物件の種類というのは、木造かRCかとかそういう物件の構造的な種類のことではありません。
まず、不動産会社が扱う物件には、大きく分けて次の4種類があります。

【1】自社オーナー物件
【2】自社施工自社管理物件
【3】他社施工自社管理物件
【4】他社施工他社管理物件

それぞれを簡単に説明していきます。
【1】は自社がオーナーとなり、自社で物件を保有しているケースです。この場合、入居者がいない=空室=自社利益の損失となるため、営業マンは必死になって空室を埋めようとします。また会社としても一番に空室を埋めるように指示を出します。

【2】は自社施工かつ自社(自社グループも含む)で管理を行っているケースです。この場合は、新築の場合ですと一般的にはサブリースという契約を結んでいることが多いと思います。サブリースの場合は、一定の賃料を空室有る無しに関わらず、オーナーに支払わないといけないため、この場合も空室の場合は自社の持ち出しとなるため、必死になって空室を埋めます。

【3】は他社施工であるものの、自社で管理をさせてもらっているため、オーナーへの面目を保つためにも、優先的に入居者に案内します。

【4】は、他社施工かつ他社管理であるため、会社にとっては持ち出しもオーナーへの面目もぶっちゃけありません。うまく入居者を獲得できれば、手数料収入が入るだけですので入居者からのニーズに上手く合致すれば紹介するというスタンスです。この他にももちろん、【5】として自社施工他社管理物件というケースもあると思いますが、稀なケースだと思います。

さて、ここまで説明してきた中で、あなたの物件は不動産会社から見てどこに当てはまりますか?不動産会社の立場から言うと、上記のようなことを頭に入れながら営業活動を行っているのです。

次のコラム:部屋のカギは現地に備え付けておきましょう

前のコラム:【一般媒介契約】について

【不動産購入記】第九話:雪の中、板橋区の物件へ
また同じようにポータルサイトと物件資料を色々と眺めながら、次は板橋区の物件見学へ。しかし、この日は朝から雪が降っており、積もる勢いでガンガン降り続い・・・
【土地活用コラム】サーファー用賃貸物件
その名の通りサーフィンをしている人向けの賃貸物件。物件や部屋へのエントランスがボードを持ったままでも入れるように天井高が結構取られ、部屋の中にサーフ・・・
メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]