1. トップページ
  2. 空室対策コラム
  3. 契約形態について

空室対策コラム(見込客・他の不動産会社に情報が回っていない)

契約形態について

今までのコラムでは金銭面の条件次第で物件案内の優先順位が変わってくるという話をしました。次は契約面から見ていきましょう。まずは基本的な入居者募集における契約形態について説明します。契約形態には大きくは【一般媒介契約】【専任媒介契約】【専属専任媒介契約】の3つの契約形態があります。

【一般媒介契約】
オーナーは複数の不動産会社に対して、同時に入居者募集の依頼をすることができます。そのため契約窓口は1つに限らず、入居希望者を一番早く見つけてきた不動産会社が、賃貸借契約を行います。また、オーナーが自ら入居希望者を見つけ、契約をすることもできます。

【専任媒介契約】
オーナーは1社の不動産会社に対して、入居者募集の依頼をします。一般媒介契約のように、自らが見つけた入居希望者についても契約は可能です。この契約の場合は、依頼をした会社を通じて入居契約が進められるため、必ず手数料がその会社に入ることになります。そのため、入居募集依頼のために訪問すると、不動産会社は必ずと言っていいほど【専任媒介契約】をしようとします。

【専属専任媒介契約】
基本的には【専任媒介契約】と同様に、オーナーは1社の不動産会社に対して、入居者募集の依頼をします。しかし【専属専任媒介契約】は入居者の募集から契約の締結に至るすべての業務を依頼した不動産会社1社に任せることになるため、オーナー自らが入居希望者を見つけ、契約をすることはできません。

皆様はどの契約形態で不動産会社と契約を行っていますか?
賃貸経営を専業で行っている方、自営業で比較的時間に自由な方、普段は会社勤めをしていて中々、賃貸経営に時間が取れないサラリーマンの方など様々なバックグラウンドの方がいらっしゃると思いますので一概にどれが良いとは言えません。次回から、それぞれの契約のポイントを見てみましょう。

次のコラム:【専任媒介契約】のメリット

前のコラム:物件案内の優先順位が低い3

【不動産購入記】第九話:雪の中、板橋区の物件へ
また同じようにポータルサイトと物件資料を色々と眺めながら、次は板橋区の物件見学へ。しかし、この日は朝から雪が降っており、積もる勢いでガンガン降り続い・・・
【土地活用コラム】サーファー用賃貸物件
その名の通りサーフィンをしている人向けの賃貸物件。物件や部屋へのエントランスがボードを持ったままでも入れるように天井高が結構取られ、部屋の中にサーフ・・・
メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]