1. トップページ
  2. 空室対策コラム
  3. 部屋のカギは現地に備え付けておきましょう

空室対策コラム(見込客・他の不動産会社に情報が回っていない)

部屋のカギは現地に備え付けておきましょう

これまでは不動産会社の報酬や契約形態について紹介してきましたが、今回はそれとは別の観点からお話します。

見込客が空室の内見を申し込んだ後に不動産会社が行う最初の作業が、カギの確認です。オーナーから物件の入居者募集を委託された会社であればその会社が、自主管理のオーナーであればそのオーナーが、一般的にはカギの管理をしているかと思います。不動産会社はその会社・そのオーナーに対してカギの手配を行うのですが、カギを管理している会社が遠方にあったり、休みだったり、オーナーと連絡が付かなかったりすると、せっかく見込客が内見を申し込んでくれたにも関わらず、見込客は物件の内見ができないという事態になります。土曜日は営業しているところが多いですが、日曜日は不動産会社は営業していても、管理会社が休みというケースが結構あると思います。

これはオーナーにとって非常に大きな機会損失です。また不動産会社からしても見込客に申し訳がないばかりか、仲介手数料を稼ぐ機会を逸している点で損失です。こういう状態にならないためにも、カギは現地に備えておくことが一番だと思います。単純にガスメーターの扉の中に隠してあったりもしますが、セキュリティの面で少し心配なのでカギとセキュリティボックスを、現地の扉に付けておくことが良いでしょう。暗証番号は、オーナーが不動産会社に営業したタイミングでマイソク(募集案内図面)に書いておき、物件情報とセットで伝えておくやり方が良いと思います。ちょっとしたことですが、できる限り不動産会社の手間を無くすように工夫することが大切です。

次のコラム:会社の生立ちから見る仲介・管理の取り組み方1

前のコラム:扱う物件の種類によって優先順位が異なる!?

【不動産購入記】第九話:雪の中、板橋区の物件へ
また同じようにポータルサイトと物件資料を色々と眺めながら、次は板橋区の物件見学へ。しかし、この日は朝から雪が降っており、積もる勢いでガンガン降り続い・・・
【土地活用コラム】サーファー用賃貸物件
その名の通りサーフィンをしている人向けの賃貸物件。物件や部屋へのエントランスがボードを持ったままでも入れるように天井高が結構取られ、部屋の中にサーフ・・・
メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]