1. トップページ
  2. 空室対策コラム
  3. 営業は店長に行うことがコツ

空室対策コラム(不動産会社への営業がきちんとできていない)

営業は店長に行うことがコツ

不動産会社で会う相手はイチ営業担当者ではなく、できれば店長クラスに会うようにしましょう。不動産会社に行って店長が不在の場合は、帰社時間を聞いて再度改めるのも手です。

これはイチ営業担当者に会って話をしただけでは、情報がその担当者レベルで止まってしまい、店舗で働く他の営業マンに情報が行きわたらない可能性があるためです。マイソクには単なる物件情報だけではなく、仲介手数料のことや、広告費のこと、敷金礼金の条件や、家賃の値引き幅(家賃2000円までなら値引き可能)などのことも併せて記載しておきます。なお、ここで謝礼に関して話をするのはNGです。不動産会社によっては謝礼を受け取ることが禁止されている会社もありますし、店長は禁止しているが担当は商品券レベルであればOKなど、それぞれ実情が異なるからです。

物件のことを説明した後は、ついでに最近の入居者の動向や入居者ニーズなどもヒアリングしておきましょう。今後、リフォームが発生した時や、条件の見直しの時などに参考となる情報となるはずです。

次のコラム:不動産会社にフォローをかけよう

前のコラム:不動産会社に直接営業しよう

【不動産購入記】第九話:雪の中、板橋区の物件へ
また同じようにポータルサイトと物件資料を色々と眺めながら、次は板橋区の物件見学へ。しかし、この日は朝から雪が降っており、積もる勢いでガンガン降り続い・・・
【土地活用コラム】サーファー用賃貸物件
その名の通りサーフィンをしている人向けの賃貸物件。物件や部屋へのエントランスがボードを持ったままでも入れるように天井高が結構取られ、部屋の中にサーフ・・・
メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]