1. トップページ
  2. 空室対策コラム
  3. 不動産会社に直接営業しよう

空室対策コラム(不動産会社への営業がきちんとできていない)

不動産会社に直接営業しよう

最寄り駅から上り・下りそれぞれ5駅の不動産会社をピックアップしたら、そこから重点的に営業する会社を駅ごとに3~5社ぐらいに絞り込んでいきます。大手不動産会社とネット系の会社それぞれバランスよく絞り込みましょう。ここでは3~5社と書きますが、数には特に囚われなくても構いません。ある駅が2社で、ある駅が8社でも構いません。ターミナル駅があるところは重点的に会社数を厚くする方が良いと思います。

30~50社ほどに絞り込んだら、そこにオーナー自ら飛び込み営業です。営業する日は、お店が込み合う週末の土曜日・日曜日は避け、火曜日・木曜日あたりが良いと思います。土・日に行ったとしても相当に不動産資産を持っているような人でなければ、軽くあしらわれてしまうのがオチです。※水曜日は多くの不動産会社の定休日となっています。1社あたり5枚ぐらいマイソク(募集案内図面)を渡し、併せて名刺も置いておきます。

不動産会社からもらった名刺に関しては、きちんとファイリングを行い会った日付と担当者の印象、留意事項などを名刺の裏側にでもメモするか、リストアップ時に作ったワードファイルやエクセルファイルに追記しておきます。こうすることで、後で見返したときに思い出しやすくなります。

次のコラム:営業は店長に行うことがコツ

前のコラム:不動産会社をリストアップしよう2

【不動産購入記】第九話:雪の中、板橋区の物件へ
また同じようにポータルサイトと物件資料を色々と眺めながら、次は板橋区の物件見学へ。しかし、この日は朝から雪が降っており、積もる勢いでガンガン降り続い・・・
【土地活用コラム】サーファー用賃貸物件
その名の通りサーフィンをしている人向けの賃貸物件。物件や部屋へのエントランスがボードを持ったままでも入れるように天井高が結構取られ、部屋の中にサーフ・・・
メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]