【特別レポート】不動産購入記

第八話:八広物件2

あくる日、明るい間にもう一度物件見学へ。

もう一度確認すると、同じ住所表記の物件があり、昨日の夜に見ていた物件は、売出し中の物件とは異なるものであることが判明!!昨日の物件見学中に覚えた違和感は正しかった・・・今日は間取りも図面と合致しました。やはり経験の無さからくるものは怖いですね。

明るい時の物件の印象と昨日の夜見た物件のそれとはまったく異なります。外壁は新たにサイディングが施され表向きはかなりキレイになっています。しかし、裏に回るとそれはそれはベランダがボロボロです。そうこうしている間に昨日、不動産会社の質問していた回答が寄せられました。

入居者は単身の社会人、滞納歴なしとのこと。また内装に関しては去年リフォームして、新品とのことでした。う~ん、どうなんだろうという感じですね。間取り図面を見る限りでは、バストイレが一体化しているユニットバスだったので、そこが改善されていたらなあという感じでした。まあ、築46年で再建築不可なので、基本的には今の物件に手をいれて維持していく運営になるんでしょうが、土地の評価が大体480万円、建物はほぼ評価O。また、売値が700万円でしたし、物件保有後の売却という選択があまり描けなかったのでちょっとリスクが高いかなーと思いました。結局この物件は丁重にお断りをしました。

第九話:雪の中、板橋区の物件へ

第七話:八広物件1

【空室対策コラム】契約形態について
今までのコラムでは金銭面の条件次第で物件案内の優先順位が変わってくるという話をしました。次は契約面から見ていきましょう。まずは基本的な入居者募集におけ・・・
【土地活用コラム】サーファー用賃貸物件
その名の通りサーフィンをしている人向けの賃貸物件。物件や部屋へのエントランスがボードを持ったままでも入れるように天井高が結構取られ、部屋の中にサーフボ・・・
メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]