1. トップページ
  2. 【特別レポート】不動産購入記
  3. 第二十一話:そして、正式契約へ

【特別レポート】不動産購入記

第二十一話:そして、正式契約へ

ついに今日は契約の日。

朝から空はいい天気で、ここ数日間続いた寒さがウソのようです。御天様も今日を祝福しているんじゃないかというアホな思い込みをしつつ、少し緊張しながら不動産会社を訪問。挨拶もそこそこに重要事項説明書を宅建主任者が読んでいきます。

ひと通り説明が終わった後で、気になっていた接道に関して色々と質問。どうも前面の道路は、元々4mに満たない道路だったようで、購入予定物件の道路を挟んで向かいに建てられた物件たちは、開発業者・建設会社・工務店などの業者がセットバックした上で建てたとのことでした。今は前面道路は4m以上あるものの、元の道路の中心線から両側にそれぞれ2m離れないといけない場合には、購入予定物件も、新築する時に約90㎝ほどセットバックが必要になるかもとのことでした。セットバックが必要かどうかは確認してみないというお話。

まあ新築する予定はないことですし、90cmセットバックしての土地面積でも50平米はありましたので、まあいいかとこの時は思ってました。

重要事項説明書に判を押し、次に売買契約書に目を通していきます。土地建物セットの金額は420万円で土地と建物の内訳に関しては斜線が入り、内訳については明記されていませんでした。ここで、減価償却のことがあったので

「土地と建物の按分に関してはどうなるのですか?」

という質問をしたものの、担当者によるとこの契約書とはまた別の話ということでしたので、その場は、まあそんなものかと納得してしまいました。建物価格を高くした方が、減価償却がたくさん取れる(土地は取れない)ので、妥当な範囲で土地価格を低く算出して、総金額より引けば良かったんですが、この時はそんなところまで頭が回らず・・・

無事に契約書を交わし、手付金30万円をお支払、印紙代が2,000円を負担して、残金の決済日を確認。今回はこれで終了です。この時に、売主さんに初めてお会いしたのですが、非常に良い感じの人で、色々と物件に関して話をしてくれました。

・元々は大工さんが建てた物件で自分が3代目であること。
(買主の私は4代目になります)

・今後もずっと住み続ける予定だったため、外装を100万円以上かけてリフォームしたこと 。

・急遽、静岡にいるお母さんがこちらに来られて同居することになってしまい、売ることにしたこと。
などなど色々とお話してくださいました。それぞれ物件には、住んでいた人の歴史が色々あるんだなーと、妙に感慨深く思ったことを今も覚えています。

第二十二話:新規に銀行口座を開く

第二十話:ついに購入を決断

【空室対策コラム】契約形態について
今までのコラムでは金銭面の条件次第で物件案内の優先順位が変わってくるという話をしました。次は契約面から見ていきましょう。まずは基本的な入居者募集におけ・・・
【土地活用コラム】サーファー用賃貸物件
その名の通りサーフィンをしている人向けの賃貸物件。物件や部屋へのエントランスがボードを持ったままでも入れるように天井高が結構取られ、部屋の中にサーフボ・・・
メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]