1. トップページ
  2. 【特別レポート】不動産購入記
  3. 第二十話:ついに購入を決断

【特別レポート】不動産購入記

第二十話:ついに購入を決断

今回、ホームインスペクションをやっていただいた思ったことは、機械と見方さえ習得すれば、自分でも簡易チェックぐらいは出来るかもと思いました。まず自分でやってみて、不安な箇所があればその時はきちんとプロの方に頼むという感じで。。。

もちろん、その筋の専門家ではないので、詳細な所までは分かりませんし、きちんと頼んだ方が良いのは当たり前なんですが、物件購入を検討する度にホームインスペクションを頼んでいては、手続きも大変です。他の不動産投資家の皆さんからも、そこまではやっているという話はあまり聞きません。また、お金ももったいないです。

日本ホームインスペクターズ協会(http://www.jshi.org/)では、一般参加者を募って実演解説イベントを行ったり、公認ホームインスペクター(住宅診断士)資格試験を行っていたりするので、タイミングが合えば参加してみたいと思っています。

で、話を戻しまして、第三者のお墨付きももらえたので、購入を決断。契約日を確認後、詳細な時間に関しては折り返し連絡をもらうことになりました。正直何もなくてホッとしたことが半分と、

「ついに購入か~」

というドキドキと不安が入り混じった微妙な感覚でした。このぐらいの金額でビビッている私からすると、億単位の物件をフルローンで購入している人は本当に

「肝ッ玉すわってるなあ~」

と感心してしまいます。今後は徐々に慣れていけは、いずれは私もそういう物件に挑戦していきたいとは思っています。まあでも、取り急ぎは購入した物件のリフォーム・リノベーションです!今からどういう風にしていこうかワクワクしています。 最近は空室に悩むオーナーさんが増えた影響からか、費用をかけないでリメイク・リフォーム・リノベーションを行う、費用対効果の高い方法がいろいろと紹介されています。やはり物件が増える片方で、人口減・少子高齢化が進み、単に原状回復程度で貸し出しても決まらないでしょう。

これからは入居者の「暮らし」を提供することがカギですね
(→このフレーズは受け売りですが 笑)

第二十一話:そして、正式契約へ

第十九話:ホームインスペクション2

【空室対策コラム】契約形態について
今までのコラムでは金銭面の条件次第で物件案内の優先順位が変わってくるという話をしました。次は契約面から見ていきましょう。まずは基本的な入居者募集におけ・・・
【土地活用コラム】サーファー用賃貸物件
その名の通りサーフィンをしている人向けの賃貸物件。物件や部屋へのエントランスがボードを持ったままでも入れるように天井高が結構取られ、部屋の中にサーフボ・・・
メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]