1. トップページ
  2. 【特別レポート】不動産購入記
  3. 第十七話:いざとなると、不安がいっぱい!

【特別レポート】不動産購入記

第十七話:いざとなると、不安がいっぱい!

ネット上でOK・WAVEを見ても購入後のシロアリ被害に悩まされている被害者の方たちの声が掲載されています。見学時に物件の表面しか見ていなかったので、不安が募ります・・・

そういえば天井に黒いシミがあったような、雨漏りの跡!?・・・

風呂場のすぐ側の床が腐ったため、クッションフロアが敷いてあったけど・・・もしやシロアリ?・・・

いくら大工さんが自分で住むように建てたとしても、果たしてホンマに大丈夫か、逆にチェック機能が働かず危険ちゃうんか・・・

同じ物事でも見方によって捉え方も変わってきます。物件を見ている時は、イケイケでしたが、日数が経ち、気分が落ち着いてくると、フツフツと不安の芽が広がってきていました。内見時にデジカメ等で写真を取ってすらいませんでした。

そこで頭をよぎったのがホームインスペクション(建物診断・住宅診断)です。

元々、ホームインスペクションというサービスがあることは知っていました。主に分譲マンションや中古戸建てを購入する時や売却する前に住宅をチェックしてもらうサービスです。ホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者な立場から住宅の劣化状況や瑕疵の有無、リフォームすべき箇所や掛かる費用等をアドバイスしてくれるため、購入してから起こり得るリスクを軽減できます。

金額的には簡易検査で各社バラつきはありますが5~10万円ぐらい。購入するかどうか分からない物件に対して、費用を払ってまで診断してもらうべきかどうか・・・しかし、契約日はどんどん迫ってきます。

結局、この時は、後々のことを考えて診断をしてもらうことを決意。契約日をずらしてもらえるように電話で交渉後、調査を依頼しました。

診断に関しては、人それぞれ意見があると思いますが、僕の場合は購入後のリスクをそれぐらいで減らせるなら問題ないと思ったことと、購入後に何か重大な欠陥が出てきて1棟目からつまずいてしまうことは避けたかったこと、購入を見送ったとしても、プロの調査方法を間近で見られてその見方や判断の仕方を多少学べるならば、今回のことだけではなく今後に活かせる知識になると思ったんで、授業料として割り切ることにしました。

第十八話:ホームインスペクション1

第十六話:ついに購入!?

【空室対策コラム】契約形態について
今までのコラムでは金銭面の条件次第で物件案内の優先順位が変わってくるという話をしました。次は契約面から見ていきましょう。まずは基本的な入居者募集におけ・・・
【土地活用コラム】サーファー用賃貸物件
その名の通りサーフィンをしている人向けの賃貸物件。物件や部屋へのエントランスがボードを持ったままでも入れるように天井高が結構取られ、部屋の中にサーフボ・・・
メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]