1. トップページ
  2. 【特別レポート】不動産購入記
  3. 第十五話:勝田台物件の内装はいかに?

【特別レポート】不動産購入記

第十五話:勝田台物件の内装はいかに?


が、扉を開けた瞬間、その期待はあっけなく打ち砕かれました。

まあ、お約束ですかね・・・笑。

もちろんお風呂はバランス釜(初めて実物を見ました・・・)、トイレは辛うじて洋式になっているものの、和式のトイレの中に無理やり洋式トイレを埋め込んだ感じ。更に、全室タタミで、壁は土っぽい砂壁で覆われており、経年劣化でポロポロと砂が落ちてきたりしている始末・・・。更に、洗濯機置き場が無く、元々洗濯機を直接フローリングの上に置いていたためか、その床が水で腐り上からクッションフロアが1畳分敷いてある始末・・・。更に、2Fに移動するとベランダには板が置いてあるだけで、板の隙間から下界が見えていてめちゃ危険な状態になっている始末・・・。

「これはリフォーム代金が相当かかりますね~」

と担当者に話かけたところ、

「既に、一応見積もりは取ってありますよ」とのご回答。

それを見ると、風呂・トイレ・キッチン周りを総取っかえして、壁をクロスに、タタミを表替えしたフルリフォームプランで約220万円。前の晩に大体の家賃相場を調べていたので6~7万円で貸せたとして表面利回りで10%ぐらいかと頭でざっくり計算。バランス釜に関しては、とある賃貸経営本で、プロパンガス屋さんを変更することでほぼ無料みたいな金額で取り替えてくれるという話を読んでいたので、半分の100万円ぐらいでいけるんじゃないかなと、頭の中でかるーく考えていました。

また、外壁がキレイだったのは、やはり修繕したばかりとのことで、売主さんは元々売るつもりはなく、ずっと住む予定だったとのこと。ただ親と一緒に住むことになり、そうなるとさすがに手狭になるため引っ越しを決意されたとのことでした。

また、物件を建てた方は大工さんで、自分が住むように建てたとのこと。大工さんが自分用で建てたということであれば、これは手抜きの住宅ではおそらくないだろうなと思いました。確かに大工さんが建てたと聞くと、アチラこちらに造作が。。

ある程度、物件をチェックし終わった後に、不動産屋さんにリターン。周辺環境や、問い合わせ件数などのことを聞いて、色々悩みましたが、ついに買い付けを決断。不安もかなりありましたが、エイやでいったれーい、という感じです。

いったん400万円で買い付けを入れることとしました。

第十六話:ついに購入!?

第十四話:何かと縁のあった勝田台へ

【空室対策コラム】契約形態について
今までのコラムでは金銭面の条件次第で物件案内の優先順位が変わってくるという話をしました。次は契約面から見ていきましょう。まずは基本的な入居者募集におけ・・・
【土地活用コラム】サーファー用賃貸物件
その名の通りサーフィンをしている人向けの賃貸物件。物件や部屋へのエントランスがボードを持ったままでも入れるように天井高が結構取られ、部屋の中にサーフボ・・・
メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]