1. トップページ
  2. 【特別レポート】不動産購入記
  3. 第十話:吹雪の中、更にもう一つの物件へ

【特別レポート】不動産購入記

第十話:吹雪の中、更にもう一つの物件へ

今度はそのまま歩いて上板橋駅へ。

タクシーで行ってもよかったのですが、歩きながら街の雰囲気も感じたほうが良いということもあって徒歩での移動を決意。しかしながら、この日の選択は間違いでした・・・雪が吹雪く中の猛烈な寒さで、周りも暗くなり、手袋をしているにも関わらず手がドンドンかじかんでいきます。途中でドンキホーテによって、温かいコーヒーを購入、ホッカイロ代わりにしながら、30分ほど歩きました。

そして、いざ物件近辺に到着。

アイフォンのグーグルマップで確認しながら、物件に近づくも販売図面に記載されてある住所には、かなり真新しい物件が。。何度も住所表記を見なおすもこの物件です。築49年にしてはえらく新しく、とても790万円の物件には見えません。あたりを探すも住居が密集する住宅地であったためいまいちよく分かりません。販売図面に物件写真があればこのような事にはならないのですが・・・。

片手で傘を差しながら、カバンを持ち、更にアイフォンで地図を確認という作業を吹雪の中で行うのも限界でした。結局この日は再度物件見学に行くことにして退散。グーグルマップを使っている方ならわかると思いますが、上記のような住宅密集地域だと、正確に物件をピンで指し示してくれないことがあって困ってしまいます。まあ、それ以上の精度を求めるのもシステムやアイフォンの性能上、難しいのかもしれません。

今回、雪の日の物件見学を強行したわけですが、実際は雨の日の物件見学のほうが良いと思いました。雨であれば物件周辺の水の溜まり具合などをみることができますが、雪の日だとそれは分かりません。北海道であれば、雪の日に物件に行くことは外せないポイントだと思いますが。関東であれば、雪の日は潔く家でお休みして、雨の日に積極的に行く方が良いと思います。

第十一話:再度、上板橋へ

第九話:雪の中、板橋区の物件へ

【空室対策コラム】契約形態について
今までのコラムでは金銭面の条件次第で物件案内の優先順位が変わってくるという話をしました。次は契約面から見ていきましょう。まずは基本的な入居者募集におけ・・・
【土地活用コラム】サーファー用賃貸物件
その名の通りサーフィンをしている人向けの賃貸物件。物件や部屋へのエントランスがボードを持ったままでも入れるように天井高が結構取られ、部屋の中にサーフボ・・・
メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]