1. トップページ
  2. お役立ちアプリ

お役立ちアプリ

近年、非常に普及してきたスマートフォン。ここでは空室対策・賃貸経営に役立つiPhoneアプリを集めてみました。使えるモノは積極的に賃貸経営にも取り込んでいきましょう。アプリ名のリンクをクリックするとiTunesが立ち上がりApp Storeに飛びます。金額に関しては、キャンペーンやバージョンによって変更されている可能性がありますので、よくご確認ください。

Light¥0

Light

名前の通りiPhoneが懐中電灯代わりになるアプリケーションです。夜に物件調査に行かないといけなくなった時や、床下や屋根裏などの明かりがない箇所をチェックする時にこれがあると役立ちます。

検討・購入される方はこちら»Light - CrossBridge

RoomRuler¥450

RoomRuler

写真を撮るだけで寸法を測れるアプリです。測れるのは基本的に「床の上の長さ」と「床からの高さ」の2種類ですが、応用次第で部屋や窓、家具などの採寸ができます。保有している賃貸物件を家具家電付きに変更する時に、このアプリがあれば写真さえ取っておけばサイズが分かりますし、DIYを行うときにも寸法の目安として使うことができます。

検討・購入される方はこちら»RoomRuler - Shusaku Co.,Ltd.

賃料計算機¥0

賃料計算機

アパートやマンションに入居する時に、必要な費用をサクッと計算してくれるアプリです。月額賃料や敷金礼金の設定を行えば、初期費用、入居期間中のトータル費用、入居中の月平均費用を計算してくれます。このアプリ自体は、エンドユーザー向けに開発されているアプリですが、賃料プランのシミュレーション用としてオーナーも使えます。例えば契約時に賃料プランA(賃料6万・敷金1ヶ月・礼金1ヶ月のプラン)と賃料プランB(賃料5.5万・敷金2ヶ月・礼金2ヶ月のプラン)で共に2年間住んでもらった場合に、どちらのプランの方がオーナーあるいは入居者にメリットがあるか等計算する場合に役立ちます。

検討・購入される方はこちら»賃料計算機 - 株式会社イチイ

「小」金持ち父さんになれる50の方法¥350

「小」金持ち父さんになれる50の方法

このアプリはツール系アプリではなく、電子書籍アプリです。作家兼不動産投資家の諸星峻一さんが、過去に書かれたブログ記事をリライトしたり、新たに書き下ろした記事合計50項目からなる、自分の体験を元にお金持ちになるための発想を身につけられる内容となっています。具体的な物件の見つけ方や購入方法、リフォームや物件管理のノウハウがメインで掲載されているわけではなく、不動産投資のメリットや投資を行うにあたっての考え方や心構え、スタンスが紹介されています。1時間もあればスラスラと読めてしまいますので、これから不動産投資をしようとしている方にとっては良い勉強本になると思います。

iHandy Carpenter¥170

iHandy カーペンター (iHandy Carpenter)

水平器や分度器などの5つの工具がセットになって入っている工具アプリ。ホームインスペクターの方も使う気泡が中に入っていてどのぐらい壁や床が傾いているかという定番もの(傾きも数字でデジタルに出ます)やセンチメートルとインチが測定できる定規などがこの1つのアプリで使えます。不動産物件の内見時、歪みや傾きを簡易に測定できるので便利です。

検討・購入される方はこちら»iHandy カーペンター (iHandy Carpenter) - iHandySoft Inc.

メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]